同伴とアフターの違い

同伴とアフターの違いとは
キャバクラに興味のある男性ならば、「同伴」や「アフター」という言葉を耳にしたことがあると思います。
しかし、この2つの違いを明確にわかっていない人もいるかもしれません。
ここでは、同伴とアフターの詳しい説明をしていきましょう!

【同伴とは】

同伴とは何か
キャバ嬢が出勤する前に、食事やショッピングなどのデートを一緒に楽しんでからお店へ行くことです。
同伴でのデート代は男性負担。さらにお店側に同伴料(3,000円~5,000円程度)を支払う必要があります。
普通にお店へ行くときよりも余計にお金がかかりますが、その分キャバ嬢とプライベートな時間を過ごせるでしょう。

【アフターとは】

アフターとは何か
キャバクラの営業終了後に、キャバ嬢とお店の外で待ち合わせてデートを楽しむ行為をアフターと言います。
同伴と同じで基本的にデート代は男性が支払いますが、アフター料をお店に支払う必要はありません。
つまり、一般的な男女のデートのような感覚で過ごすことが可能です。

また、デート後にお店に出勤する同伴と比べ、アフターは帰る時間を自分たちで決められるメリットも◎
キャバ嬢が許す限りずっと一緒にいられますよ。

ただ残念ながらアフターは同伴と比べて、誘いに応じてくれるキャバ嬢は少ないです。
キャバ嬢たちは仕事を終えたばかりで疲れていますし、なによりお給料が発生しません。
新規客はもちろん、数回通ったくらいではキャバ嬢はアフターに応じてくれないでしょう。

アフターはそれなりの条件が必要
キャバ嬢たちが「お店以外の場所でも会いたい!」と思うほど魅力的な男性になるか、キャバ嬢が「お礼にアフターしたい」と思うくらいの太客になるか……そのどちらかの条件を満たす必要があります。
ただし、誘い方次第ではその条件を満たしていなくてもアフターしてもらえる可能性も!

こちらのサイトでは、『好感が持てるアフターの誘い方』『アフター時のマナー』についてまとめました。
キャバ嬢とアフターをしたいと考えている男性は、ぜひ参考にしてくださいね!