相手のことを思いやる

相手の立場を考える
キャバクラで女の子を誘う場合、相手の立場を考えることが大切です。
良いお客さんだった場合、誘いを断ったら売り上げが…という気持ちもあります。

その点に付け込んで女の子を誘っても、女の子からすれば「弱みに付け込まれている」だけとなります。
キャバクラで女の子を誘う場合、相手の気持ちをよく考え、立場を尊重して誘うことが大切です。

例え男性側が軽い気持ちだとしても、NG項目に引っかかるような誘い方をしてしまったら、女の子の自尊心を傷つけることにもなりかねません。

それまでのお店の中での良好な関係が一瞬にして終了する可能性もあるだけに、言葉には気を付けましょう。
その意味では、あくまでも「そちらさえよければ楽しもう」というスタンスで誘うのが無難です。

店外では女の子もプライベートな時間

お店の外ではキャバ嬢ではなく一人の女の子
お店の中では、お客さんを不愉快な気持ちにさせるようなことはありませんし、楽しい時間を過ごしてもらおうと色々と気を使ってくれます。お世辞等も沢山言ってくれることでしょう。
男性がキャバクラで楽しい時間を過ごせるのは、女の子が質の高いサービスを提供してくれているからです。

しかし、店外になると女の子も仕事ではなくプライベートな時間です。
そのため、女の子としてはお店の中と外では違うという気持ちにもなります。

当たり前の話ですが、お店の外に出た時点で、お客さんではなくなります。
そこはしっかりと気持ちを切り替えて、女の子にサービス時と同様の気遣いを求めることはやめましょう。